c0201080_18125832.jpg

                                 by るな

ウールの着物をほどいて、ブラウスとスカートを作って…。
それでも余った布で、バッグを作りました。

着物ってほどくと、けっこうシミがあったり、縫い目が避けていたりして、
最近では、やっぱり新しい布がいいなと思うようになりました。

あっ、そうか、着物で作った服なんかも、見たい人いるかな。
ま、大したものではないので、いいか。(^-^)



c0201080_23515335.gif



[PR]
by lunakiruto | 2010-08-19 18:19 | バッグ(和布) | Trackback | Comments(0)

c0201080_1731076.jpg

                                  by   るな
c0201080_17315584.gif

本に載っていたデザインを簡単にして作りました。
細長い大島紬の布きれを上手く活かせてご機嫌です。

でも、あまり使わないのに、隅っこがぼろぼろになりました。
もう、布が弱り切っていたのですね。

大島紬を使う時には黒い芯を裏に貼り付けています。
それが見え出して、広がって行きました。

そこで、合成の皮をそれこそパッチ。
これでしばらくは安心です。

バッグに挿しているのは、姫リンゴの小枝です。
つぼみがとてもかわいい。
開くと、まん丸の花びらが五弁。
桜と梅のあいの子のような花でした。
c0201080_17315584.gif

[PR]
by lunakiruto | 2010-04-14 17:44 | バッグ(和布) | Trackback | Comments(0)

c0201080_17351752.jpg


                                   by    るな
c0201080_1750822.gif


箱の中の小さな端切れを見ていると、
2センチや3センチ幅なら取れる布が
結構ありました。

もったいないよね。
せっかく頂いた大島紬。

それを寄せ集めて縫ってみると、
大きめのバッグが作れました。

「大島には黒が合いますよ。」
と誰かに教えてもらったのを思い出して、
珍しく黒に合わせてみました。

すると、なるほど、
模様の一つ一つがくっきりと、
その美しさを見せてくれます。

確かに大島には黒が似合う。

さて、問題は持ち手でした。
固い素材では布が傷んでしまう。

そこで閃いたのが帯締め。

その深い黒味としなやかなシルクの手触り。

こんな美しい組み紐を作りだしてくれた、
日本の文化に深い敬愛が呼び起こされてきます。

日本の女でよかった。
握り締めたり、広げたり。

人の手の握りをしっかりと受け止めてくれる感触は
着物を着なくなった今だからこそ、
こうして、バッグにして触っていたい。

そんな作品になりました。

c0201080_1750822.gif

[PR]
by lunakiruto | 2010-01-05 17:55 | バッグ(和布) | Trackback | Comments(0)

c0201080_1019966.jpg


c0201080_10195292.gif

着物の端切れからは
ひも状のものが
いくつも出てきます。
そこでそれをつないだだけの
簡単なバッグを
作りました。
 
コサージュにあしらった
ウッド風のビーズの
素朴な感じも
お気に入りです。

c0201080_10202378.gif

[PR]
by lunakiruto | 2009-09-18 10:27 | バッグ(和布) | Trackback | Comments(0)

c0201080_20144662.jpg

c0201080_2018082.gif

大島の古布の端切れは
出来るだけそのままの大きさで。

いろんな四角形で縫いつけました。

キルティングも風合いが残るように、
落としキルトだけです。

一泊旅行に行ける大きさで。

c0201080_20183785.gif

[PR]
by lunakiruto | 2009-09-15 20:26 | バッグ(和布) | Trackback | Comments(0)

バラのポーチ

c0201080_17462426.jpg
c0201080_17475142.gif


白いネクタイは祝宴の名残をとどめて、
少しシミがついていました。
よく見ると、シルクの綾織りの上では、
美しい鶴が舞っています。
手触りは、柔らかく、弾力があって、
最高の織物です。

c0201080_17491167.jpg


ネクタイの広い所は
一枚の型紙で裏側に。
蝶々のキルティングライン
をあしらいました。
残りの狭い所からは、
少しずつ切り集めて、
バラの花に。

持っているだけで、嬉しくなる、
シルクのポーチが出来上がりました。


c0201080_17482550.gif

[PR]
by lunakiruto | 2009-09-11 18:00 | バッグ(和布) | Trackback | Comments(0)

c0201080_1519187.jpg

c0201080_1522556.gif

着物のハギレと現代の布のコラボです。
中央のピンクの布が現代の布です。

小さく切りたくない和布には
クレージーがよく合います。
刺繍糸も金色です。
 
持ち手も帯締めを半分に切って。
c0201080_15204559.jpg

キラキラするビーズがきれい。


c0201080_15225483.gif

[PR]
by lunakiruto | 2009-09-07 15:34 | バッグ(和布) | Trackback | Comments(0)

パッチワーク・キルトの作品集です。キルト仲間の作品も、カテゴリーからどうぞ。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31